武蔵野市でのインプラントの治療費は高い分メリットがある

インプラント

人工的な歯がインプラント

歯を失った人というのは、昔はもう一生そのままだったのです。歯はなくなったからといったとしても勝手に再生するわけではありませんから、失うともうダメだったのです。しかし、今では人工的な歯を入れることが可能になっています。それが歯科インプラントです。ちなみにインプラント、という言葉自体は義肢などにも使われる言葉ですから、歯のことを指すのであれば歯科インプラントと呼ぶのがベストです。
この歯科インプラント、つまりは顎の骨に埋め入れる物になるわけですが、素材としては、ほぼチタンです。このチタンというのは、何かとメリットがあるのです。まず、金属アレルギーがでにくいというメリットがあります。熱の伝導率も低いですから、熱くなっても問題はないです。また、とにかく強くて軽い素材でもあります。軽いのに強度が鋼鉄以上でもありますから、かなり楽になります。大した重さではないと思うかもしれませんが、ずっと顎に入れているわけですから、少しでも頑丈で軽いほうがよいでしょう。
そして、錆にくい、というメリットもあります。ほぼさびないといっても過言ではないのですが、あくまで本当のことをいいますと錆が出にくい、というのが正しいでしょう。錆が出にくいのは大事です。何故かといいますとそれは唾液や胃酸などに歯は晒されるからです。

notice

TOP